NOT速報

日々のニュースやVIPのスレを主にまとめてます。

    タグ:覚せい剤

    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2016/02/09(火) 05:18:52
     元プロ野球選手でタレントの清原和博容疑者(48)が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件で、巨人時代の同僚(47)が現役時代の覚醒剤使用について「チームメートもみんな知っていた」と衝撃の証言をした。
    8日放送のフジテレビ系情報番組が報じた。この元同僚は2006年に同法違反(使用)容疑で逮捕=有罪確定=されたが、現役時に清原容疑者と球場で薬物のやり取りをしていた可能性も浮上した。

    22

    http://www.sanspo.com/baseball/news/20160209/npb16020905050001-n1.html

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454962732/

    【【清原】元G同僚が衝撃証言…清原容疑者の覚醒剤使用「みんな知っていた」】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/02/03(水) 05:55:17
    球界に激震!西武や巨人などで活躍した清原和博容疑者(48)が2日午後8時48分ごろ、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕された。警視庁によると、清原容疑者は容疑を認めているという。14年3月には週刊誌で、薬物治療のために都内の病院に入院していたと報じられていた。最近はテレビ出演の機会も増え、今月にはキャンプ視察も予定していた。プロ野球は前日にキャンプインしたばかりだが、元スター選手の逮捕という大きな衝撃に見舞われた。

    清原容疑者は落ち着き払った様子で、港区東麻布1丁目の自宅マンションから捜査官に連行されていった。警視庁によると、逮捕容疑は2日午後8時48分ごろ、自宅マンションで覚せい剤約0・1グラムを所持していた疑い。警視庁は同日、自宅を家宅捜索した。清原容疑者は「覚せい剤は私の物に間違いありません」と容疑を認めているという。

    清原容疑者をめぐっては、14年3月に「週刊文春」が、薬物治療のため都内の病院に緊急入院したと報じた。所属事務所は、入院は糖尿病治療のためと反論。清原容疑者も「私は強い決意を持って、最後まで戦います」とコメントしていた。

    一方でその頃には上半身と足首に入れ墨を入れ、同年2月の巨人キャンプには真っ白なスーツで訪問して驚かせるなど奇行が目立ち始めていた。球界関係者は「ろれつが回らず話が聞き取りづらい」と漏らしていた。

    その後、野球評論家としてだけでなく、タレントとしての露出も激減。ただ報道から1年以上が経過し、最近ではテレビ出演も増えはじめ、今年1月11日にはヤフオクドームで行われた名球会イベントに参加し、今月中にはプロ野球のキャンプ地訪問も計画していた。

    清原容疑者は14年8月に、00年に結婚した亜希夫人と離婚。最愛の2人の息子の親権は亜希夫人が持つこととなり、孤独な生活を余儀なくされた。15年3月には四国霊場八十八カ所を巡る「お遍路」へ。自暴自棄となる中、自殺まで考えたというが「仕事が減り、周りから人もいなくなった。息子2人のおかげで生きていられる。自分自身を見つめ直すため」と歩き続けた。関係者によると、その長男が野球をやめたことに大きなショックを受けていたという。

    情緒不安定な面も見られ、ブログでは1月19日に飲食店で一般客の態度に腹を立て、灰皿を叩き割ったという様子を、血のにじむ自身の手のひらの写真と一緒にアップ。1月31日には、自身の高校時代の写真を掲載し「少年達が甲子園を夢ではなく目標にしてほしい」と記すなど、野球への愛情を記していた。

    PL学園では桑田真澄氏との「KKコンビ」で5季連続で甲子園に出場。輝かしい実績を引っ提げ、西武入団後も1年目から主砲として活躍した。08年限りで現役を引退。歴代5位の525本塁打を放ったが、個人タイトルには縁がなく「無冠の帝王」とも呼ばれた。「記録」ではなく「記憶」に残るお祭り男として広くファンに愛されたが、晩年はケガに泣かされ、たどり着いた先は悲しすぎる末路だった。

    ◆清原 和博(きよはら・かずひろ)1967年(昭42)8月18日、大阪府生まれの48歳。PL学園では5季連続甲子園出場を果たし主砲として通算13本塁打。1、3年夏に優勝、2年時の春夏連続準優勝に貢献。85年ドラフト1位で西武入団。86年に新人王を獲得した。96年オフにFAで巨人移籍。04年に2000安打、05年に500本塁打を達成したが、同年オフに戦力外通告を受けオリックス移籍。08年に現役引退。88年最多勝利打点、90、92年最高出塁率、ベストナイン3回、ゴールデングラブ賞5回。オールスター出場18回。右投げ右打ち、血液型B。

    30

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160203-00000000-spnannex-base 

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454446517/

    【清原容疑者、覚せい剤逮捕!記憶に残るスター選手、悲しすぎる末路】の続きを読む

    名称未設定

    1: すらいむ ★ 2015/07/27(月) 12:41:49.84 ID:???*.net
    <新宿の薬局>覚醒剤密売容疑で組関係者と客ら72人逮捕

     東京・新宿の歌舞伎町周辺で覚醒剤などを密売していたとして、警視庁組織犯罪対策5課は27日、指定暴力団住吉会系「大昇会」幹部、森義明容疑者(57)ら組関係者と客ら計72人を覚せい剤取締法違反(譲渡や所持など)容疑で逮捕したと発表した。組対5課によると、大昇会は住吉会系の3次団体で、違法薬物の密売組織として知られ、薬物常習者らから「新宿の薬局」と呼ばれていた。

     森容疑者の逮捕容疑は6月14日、都内で覚醒剤0・6グラム(末端価格約4万円)を所持していたとしている。同課によると、容疑を認めているという。

     組対5課は2013年10月、大昇会が薬物密売に関与しているとの具体的な情報を入手して捜査を開始。約1年半かけて暴力団関係者39人と客33人を逮捕し、覚醒剤計1.5キロ(同1億円)やMDMA110グラム(同44万円)など大量の違法薬物を押収した。
    逮捕者の中には、歌手のASKA(本名・宮崎重明)さん=覚せい剤取締法違反などで有罪確定=や、ASKAさんに合成麻薬MDMAを譲り渡したとして、昨年8月に逮捕された大昇会幹部ら2人も含まれている。

     同課は、歌舞伎町周辺で出回っていた違法薬物の大半は、大昇会が密売していたとみている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150727-00000029-mai-soci

    引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1437968509/

    【【社会】覚せい剤など密売「新宿の薬局」組関係者と客ら72人逮捕 逮捕者の中には歌手のASKAさんも】の続きを読む

    歌手の桂銀淑さんに逮捕状=覚せい剤使用容疑―韓国

    時事通信 6月24日(水)20時33分配信


    【ソウル時事】韓国検察当局は24日、覚せい剤を自宅などで3回にわたり使用した容疑で、日本でも活躍した歌手の桂銀淑さん(53)の逮捕状を請求した。
     桂さんは2007年に日本で覚せい剤取締法違反(所持)罪で起訴され、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けている。その後、韓国に帰国し歌手活動を再開したが、昨年8月には高級車のリース料金を支払わなかったとして、詐欺罪で在宅起訴された。 

    05
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150624-00000130-jij-kr

    【歌手・桂銀淑さん 覚せい剤か】の続きを読む

    このページのトップヘ