NOT速報

日々のニュースやVIPのスレを主にまとめてます。

    タグ:佐野研二郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title

    1: 太鼓 ★@\(^o^)/ 2015/09/08(火) 09:43:49
    東京オリンピックの大会組織委員会が佐野研二郎氏デザインの五輪エンブレムの使用中止を発表したのは9月1日のこと。これで騒動は収束に向かうと思われたが、翌日にはネット上の指摘を受け、京都の老舗扇子店が同氏デザインのポスターを取り下げるなど、まだまだ収まる気配は見えない。この流れに心中穏やかではないのが、マスコミ関係者だ。

    「以前にも、佐野氏の妻でデザイン会社の広報でもある恵子さんから猛烈な抗議がきたことがあるんです。今回のエンブレム取り下げで、またあの抗議を対応するとなると‥‥」

    五輪エンブレムや過去作品の盗用が疑われだした頃、疑惑を検証する記事を掲載した社には、恵子さんからの執拗な抗議電話が来ていたという。ある大手メディア関係者が明かす。

    「開口いちばん、『担当者を出しなさい』『書いた人を呼びなさい』と怒り心頭でした。担当者が不在で、折り返し電話をかけると伝えたのですが、『(担当者が)出るまで電話は切らない』『今じゃなきゃ駄目だ』の一点張りです。結局、数十分電話口で粘られました」

    全国紙記者も呆れ顔で続ける。

    「ヒステリック気味に『弁護士をこっちはつけている』『こっちは記録に残したいんだから責任者を出しなさい』と声高に語っていました。しまいには『上の人間を出せ』『そっちの弁護士を呼びなさい』とまで‥‥。記事を掲載するたびに電話がかかって来ているようです。苦情を聞く担当者は『また、押し問答を繰り広げなきゃいけないのか』とため息をついてますよ」

    ネットや新聞を事細かにチェックし、すぐさま抗議の電話をいれている恵子さん。
    企業の広報担当として非常に仕事熱心ではあるようだが‥‥。

    http://www.asagei.com/excerpt/43011

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1441673029/

    【記者たちも辟易、佐野研二郎氏の妻が行う恐怖の「抗議活動」とは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 太鼓 ★@\(^o^)/ 2015/09/08(火) 13:21:44
    アートディレクターの中島英樹氏(54)は7日までに、白紙撤回された2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムを作った佐野研二郎氏(43)について「10年前の私の作品も盗用された」と告発した。中島氏によると、佐野氏が「盗用して」作ったのは、07年ごろのディズニー関連の作品。「当時は、偶然似てしまったのではないかと思っていた。でも、今度の件で盗作と確信した」と怒りをあらわにした。

    佐野氏も所属する、国内の一流デザイナーらが集う東京ADC(アートディレクタークラブ)会員で、世界で最も歴史のある広告賞のニューヨークADC金賞など数々の受賞歴を誇る中島氏。05年、国内の著名なデザイナー6人と香港で展覧会「セブン・エキシビション」を開いた。佐野氏の博報堂社員時代の上司の佐藤可士和氏(50)、五輪エンブレムのデザイン審査員を務めた浅葉克己氏(75)らが名を連ねた。

    「佐野氏が盗用した」という作品は展覧会で披露されたもので、バラなどが描かれた白いポスターに多くの穴をあけてアルファベットを並べた斬新なデザインだった。「妹を病気で亡くした後で、妹を思い、身を削る思いで魂を込めた作品でした」

    今回、盗作疑惑が浮上した当初、中島氏は「佐野氏は才能があり、未来を担うアートディレクター。エンブレムはやっていないはず」と思い、インターネットなどを通じて擁護してきた。だが、8月28日に発表したエンブレムのデザイン原案にも疑惑が指摘された直後に、批判に転じた。

    ネット上で「原案のパクリの元ネタ」と指摘されたのは、13年に都内で開催されたタイポグラフィー(活字を用いて組版、印刷、製本などを行う技術)の巨匠「ヤン・チヒョルト」展で使用されたロゴマーク。中島さんが敬愛する巨匠のロゴまで「汚された」ことに憤りを覚えたという。

    「自分の口で説明してほしい」と願う中島氏。だが、佐野氏はエンブレムの盗作に関しては否定しており、会見の予定はない。中島氏の「盗作」発言について7日、佐野氏の事務所に問い合わせたが、返答はなかった。

    スポーツ報知 9月8日(火)5時3分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150907-00000121-sph-soci


    「セブン・エキシビション」の中島氏のデザイン
    http://tdctokyo.org/jpn/?award=seven-exhibition
    no title

    no title

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1441686104/

    【アートディレクター・中島氏、佐野氏に「10年前の私の作品も盗用された」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: パロスペシャル(愛知県)@\(^o^)/ 2015/09/07(月) 20:02:21
    よくわかる、なぜ「五輪とリエージュのロゴは似てない」と考えるデザイナーが多いのか?
    深津貴之 | UIデザイナー fladdict、 THE GUILD代表
    13

    大きなトラブルとなった五輪のロゴ類似問題。素人目にはそっくりになロゴに対し、審査員をはじめ多くのデザイナー達が「まったく違う」と反論していたのが印象的でした。しかし、不透明かつ説明不足の審査委員会もあいまって、残念ながらこれらの発言は身内を守るものと解釈されてしまいました。

    なぜデザイナーと世間において、これほど大きな認識の違いが生まれたのでしょうか? 本稿では、デザイナーと世間の間にある「類似性のギャップ」に関しできる限りわかりやすく説明します。最大公約数的な意見としては、このような感じではないかと思います。

    全体の構成としては、まず類似性は鑑賞者の文化背景に依存することを説明します。その上で、前提知識として、デザインの本質や、文字を用いたデザインの類似性についての基礎知識を解説します。その後、リエージュと五輪ロゴそれぞれの設計コンセプトを分析し、商業デザインにおける類似の基準を考えます。

    お読みになるまえに
    本稿は、デザイン業界と世間一般の「類似性に関するギャップ」を説明するものです。問題を切り分けるために、トートバッグや空港写真などの盗用問題や、ロゴの良し悪し、作者の人格、審査委員会そのもの等については、本稿では扱っておりません。あらかじめご了承ください。

    「井」は「#」のパクリか?
    まず、みなさんに質問です。

    漢字の「井」は、番号記号である「#」のパクリでしょうか?

    要素だけで考えると、明らかな模倣に見えます。でも皆さんは「似てるけど明らかに別物だよね」と感じているはず。なぜ私たちは、これらが完全に違うモノだと直感的に理解できるのでしょう?

    (続く) http://bylines.news.yahoo.co.jp/takayukifukatsu/20150907-00049112/

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1441623741/

    【デザイナー「五輪とリエージュのロゴは似てない。デザイナーはそう思っている。井は#のパクリか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    83

    1: フロントネックロック(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/09/07(月) 00:31:17
    佐野氏代理人通じ報道機関に申し入れも会見「ない」

    2020年の東京五輪・パラリンピックのエンブレムを取り下げたデザイナーの佐野研二郎氏(43)が4日、一連の盗用疑惑を巡る騒動で、代理人を通じて報道機関に「近時の過熱報道について」と題された文書を送付した。
    文書では「極めて遺憾ながら、第三者の作品が依頼者(編集注・佐野氏のこと)のデザインとして報じられ、更には、創作時間等を正確に把握・確認することもない記事が『酷似』等の見出しと共に報道されることにより、あたかも依頼者の著作権侵害を推認・示唆させるような報道が為されるに至っています」と現状を憂慮。エンブレム撤回以後も佐野氏の過去の作品について、盗用を疑う声は増すばかり。

    「そもそも、思想・アイデアそのものが著作権法に基づき保護されるものではないことは、著作権制度の国際的かつ基本的な原則」。代理人弁護士が所属する法律事務所はエンターテインメント分野に強く、知的財産権や著作権のプロフェッショナルとみられる。

    続けて、「万が一、本書簡到達後も適切な取材に基づく客観的な報道が為されず、同様の取材・報道態勢が続くのであれば、名誉棄損等の法的責任を伴うものと判断した段階で、直ちに法的措置を講ずると共に、関係機関等に対して人権侵害を理由とする申立てを行う予定であることを、念のため申し添えさせていただきます」としている。

    佐野氏追及に躍起なネット世論は佐野氏の会見を求めている。佐野氏はエンブレムが取り下げられた1日に「模倣や盗作は絶対にしていない」「もうこれ以上は、人間として耐えられない限界状況」などとホームページ上でコメントを発表しただけで、本人は雲隠れしたまま。

    代理人は法律事務所を通じ、「(佐野氏の)会見の予定はありません」と話している。無言のままで汚名返上となるかは不透明だ。
    http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/443555/

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1441553477/

    【佐野「会見は一切致しませぇん!客観的でない報道したら提訴しまぁす!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ジャンピングDDT(庭)@\(^o^)/ 2015/09/04(金) 19:26:48
    佐野研二郎氏の母校でもある多摩美術大学の卒業制作作品がウェブサイトに掲載。掲載されているのは優秀作品で「卒業制作優秀作品集2015」として閲覧可能。しかしその内の幾つかが他人の絵の盗用であることが発覚した。「卒業制作優秀作品集2015」に掲載されている作品の内、少なくとも3作品がいわさきちひろさんの作品に類似していることが発覚。

    盗用のレベルもかなり酷く、構図からそのままなのである。いわゆるトレースレベル。まだ多摩美術大学や該当生徒からは何のコメントも出ておらず、今後これに関するコメントが出てきそうである。いわさきちひろさんと言えば『窓際のトットちゃん』の表紙で有名な方。ほかにも有名な作品は数多くある。

    多摩美術大学と言えば、先日佐野研二郎氏が多摩美術大学のポスターのいくつかをデザイン盗用したと疑惑が浮上した。しかし佐野研二郎氏の事務所MR_DESIGNはそれを否定し、メガネや影絵は自ら作った物とコメント。しかしネットの検証で、元のメガネにある傷と佐野研二郎氏のポスターデザインにある傷が一致することや、犬の影絵の作り方が通常と異なることから盗用疑惑が深まった。

    今回の卒業作品は盗用は決定的で、時間が無い中、仕方なく盗用したと思われる。審査員もいわさきちひろさんの作品って気付かないのが不思議である。優秀な人のデザインを真似たら優秀作品になるのも当然である。

    http://gogotsu.com/archives/11095
    no title

    no title

    no title

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1441362408/

    【【佐野る】多摩美術大学の生徒作品がパクリだらけでヒドいと話題に! もちろん優秀作品】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: パイルドライバー(アラビア)@\(^o^)/ 2015/09/02(水) 20:59:32
    ジャッアアアアアアアアアアア
    no title

    no title

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1441195172/

    【【悲報】マスコミが佐野エンブレム審査委員8人に取材を申し込んだ結果wwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 超竜ボム(愛媛県)@\(^o^)/ 2015/09/02(水) 20:16:48
    アートディレクター
    佐野研二郎

    グリーンダカラちゃん(サントリー)、TOYOTA ReBORNなどのCMを手がけるトップ・クリエイター佐野研二郎が明かす、アイデア発想法と時間管理術。

    お 金 が な い、
    時 間 が な い、
    じ ゃ あ、 ど う す る か。

    no title

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1441192608/

    【天才デザイナー「佐野研二郎」の著書 『お金がない、時間がない、じゃあ、どうするか。』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/09/02(水) 02:01:09
    日刊スポーツ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150902-00000011-nksports-soci
    佐野研二郎氏(43)がデザインした公式エンブレムの取り下げを受け、2020年東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会は1日深夜、公式ホームページ(HP)やフェイスブックのエンブレムを招致段階のものに戻した。

     HPのデザインも佐野氏のエンブレム発表前のものにした。招致エンブレムは島峰藍さん(26=会社員)が女子美大時代に応募。多くの政治家やサラリーマンがスーツの襟に「桜のリース」のロゴ入りのバッジを着け、国民的デザインとなっていた。

    画像
    no title

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1441126869/

    【【東京五輪】東京五輪組織委の公式HP、招致段階のエンブレムに戻す 「桜のリース」で国民的デザインに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 丸井みどりの山手線 ★ 2015/09/01(火) 22:49:36
    9月1日(火)22時43分
     使用中止が決まった2020年東京五輪の公式エンブレムを制作したデザイナーの佐野研二郎氏(43)が1日、自身が代表を務めるデザイン事務所「ミスターデザイン」(東京都渋谷区)の公式ホームページ(HP)を更新。今回の事態について説明した。

     「エンブレムにつきまして」と題されたメッセージで佐野氏は「疑いをかけられているような模倣や盗作は、原案に関しても、最終案に関しても、あってはならないし、絶対に許されないことと今でも思っております。模倣や盗作は断じてないことを、誓って申し上げます」と改めて断言。
    その上で、理由について「もうこれ以上は、人間として耐えられない限界状況だと思うに至りました」と説明。「批判やバッシングから、家族やスタッフを守る為にも、もうこれ以上今の状況を続けることは難しい」と取り下げやむなしの気持ちをつづった。

    mrd_comment_800px_20150901
    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150901-00000219-sph-soci

    引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1441115376/

    【【五輪エンブレム】佐野氏HPでコメント発表「これ以上人間として耐えられない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひろし ★ 2015/09/01(火) 18:29:57
    ★佐野氏「模倣ではないけれども…。自分と家族に誹謗中傷」
    スポーツ報知 9月1日(火)18時27分配信

     2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長(72)が1日午後、都内で会見し、デザイナーの佐野研二郎氏(43)が制作した公式エンブレムの使用を取り下げると正式発表した。佐野氏は会見を欠席した。

     武藤氏は、この日、午前に佐野氏、審査委員代表の永井一正氏(86)と三者会談を行い、使用取り下げで一致したと明かした。
    席上、佐野氏は「私はデザインが模倣であるということで取り下げるのではなく、模倣ではないけれども、昼夜を問わず、自分と家族にいろいろな誹謗(ひぼう)中傷がなされることが続いている。デザイナーとして五輪に関わるのが憧れ、夢だったけれども、今や一般国民からは受け入れられない。むしろイメージに悪影響を及ばせてしまう。(デザイン)原作者として提案を取り下げたい」と語ったという。

    53

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150901-00000140-sph-soci

    引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1441099797/

    【【五輪エンブレム】佐野氏「模倣ではないけれども…。自分と家族に誹謗中傷」】の続きを読む

    このページのトップヘ