2014年、東京都内でも発見された毒性の強い外来種のクモ「セアカゴケグモ」は世間を騒がせたが、基本的に日本国内ではいわゆる“毒グモ”はきわめて少なく、クモに咬まれて実際に健康を損ねたり死亡したりする例は稀である。しかし世界は広い! この世にはにわかに信じ難いクモとクモにまつわる現象が存在しているのだ。

■鳥もネズミも食べる世界最大のクモとは?↓↓↓↓↓↓ 【鳥もネズミも食べる世界最大のクモ「ゴライアスバードイーター」とは?】の続きを読む