「韓国は棚からぼた餅式にできた国」池上彰氏の発言に、
韓国ネット「いろんな意味で傑作」「日本全体が劣等感に包まれている」

池上彰
  
2015年6月9日、韓国・国民日報によると、ジャーナリストの池上彰氏が「韓国は棚からぼた餅式にできた国だ」と発言したことが、韓国内で物議を醸している。

池上氏は5日、日本のテレビ番組に出演し、日韓関係の悪化や韓国の反日感情について言及した。その際、池上氏は「韓国は反日が建国の基本精神となっている」と紹介。「韓国という国は、韓国人が自ら戦って独立したのではなく日本が戦争に負けて朝鮮半島を手放した後にできた国だ。つまり、韓国は棚からぼた餅式にできた国である。そのため、韓国人は劣等感を持つようになり、日本に対して反感を持つようになった」と説明した。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

実際に番組を観ていたが、いろいろな意味で傑作だと思った(笑)。現在の日本のレベルが分かった

日本人は韓国を国として認めていない。中国に支配された国だと考えている。そしていつかは自分たちが支配しなければならない国だと信じているようだ

日本人は自分たちの侵略の歴史を正当化しようとしている。もううんざり!

確かに、韓国人には劣等感が強い人もいる。しかし、最近は日本全体が劣等感に包まれているようだ。日本が戦争に勝利していたら、そんなふうにはなっていなかっただろう。劣等感を克服しなければならないのは日本の方だ

敗戦国が何を言っても言い訳にしか聞こえないということを日本人は自覚するべきだ」(翻訳・編集/堂本)
http://news.livedoor.com/article/detail/10211949/